某有名私立大学ヤリサーの実態~新歓コンパでハメられた高峰美春の場合~

小さい頃から幼馴染で実は両想いの悠太と美春。

小中高とずっと一緒に過ごしてきた2人は大学も同じ所に受験した。お互いに必死で勉強して一緒にキャンパスライフを満喫するはずだった!

しかし、合格したのは美春だけ。
悠太はまさかの不合格で浪人生としてもう1年、受験勉強に励まなければいけない。

だが先に一人でキャンパスライフを満喫している美春に会うと心配で仕方なかった。
大学で気になる男性が出来ていないのか?言い寄られてくる男性はいないのか?

だけど彼氏でもない悠太はそんな事言えるはずもなかった…
ただ楽しそうに微笑んでいる彼女の事を羨ましく思えて仕方なかった。

一方、美春は入学式が終わってからいろんなサークルの勧誘を受ける。
大学生に入ったらまずはサークルに入るのを決める。

もちろんサークルに入らなくてもいいのだが、キャンパスライフを楽しむにはやはり同じ趣味を持った仲間を作る事で自分とは違う学部の仲間を作る事もできるし、また先輩との交流もできるのでより早く大学へ溶け込めるようになるので入る事をお薦めする。

しかし、そんなサークルの中にヤリサーと呼ばれる女性とただヤル目的だけで結成されたサークルが存在する。

表では、女子が集まりやすい健全なテニスサークルと称してはいるが、いざ飲み会などになるとひたすらお酒を飲ませて泥酔状態にさせて無抵抗状態になっている所でみんなで輪姦してヤろうとする鬼畜サークルなのである。

そのヤリサーの幹部に目を付けられた美春は早速、その後輩女子から勧誘を受けて新歓コンパの会場へと向かう。

お酒も飲んだ事がないし、みんなでワイワイするような経験もない美春は一人だけ浮いたような存在になっていた。
その時に現れたのは幹部である郷山武志であった。

彼は一人ぼっちになっている美春に優しく声を掛け、お酒を勧めながらいろんな話をしたり、聞いたりをした。
そんな内容の中で美春は酔ったいきおいもあってか幼馴染の悠太との事を話し始める。

まだキスもしたことがないけど、気になっている人。

その純粋な気持ちを打ち壊すかのように、いきなり美春にキスをし始める郷山。
美春は一体何が起こったのか理解できず、またキスをしていると理解した時にはお酒が身体中に回って抵抗できないような状態になってしまっていた。

果たして美春はこのヤリサーから無事、脱出する事ができるのだろうか?
それか鬼畜集団の魔の手に襲われてしまうのか…

各話

第1話 新歓コンパでお酒を飲んではいけません
第2話 部外者のいないテニスコートは格好のヤリ場
第3話 ヤリ合宿初日は海で生ハメ
第4話 旅館で夜通しパコパコ大会
第5話 そしてヤリサーに入った彼女は…