第4話 旅館で夜通しパコパコ大会

合宿初日の夜。
サークル会員たちが宿泊する旅館では恒例行事の「宴会芸」が行われていました。

それは新入生と教育係が壇上に登り、皆の前でこれまでの「成果」をお披露目するものです。
その成果とはもはや説明不足だとは思いますが、パコパコしている姿を見せるものです。

郷山と美春は壇上に登り、ほぼ全裸状態の美春は自分のアソコを使って挨拶をします。

実はこの挨拶は事前に郷山から仕込まれたものであり、それを忠実に従いました。
そしてお披露目会が開始っ!

しかし、予定していた穴ではない所に挿入されてしまいます。
突然の衝撃にビックリをする美春…

やめ…そこ…ちがう…

アドリブだよと言いながらもわざと狙った郷山はさらに別の穴へと自分の太いアソコをグリグリと侵入を試みました。
そしていつのまにか全ての物が入り、ピストンをされる度に腸内を刺激されて漏らしてしまうような感覚が訪れます。
先程までの痛みがなかったような快楽が訪れてきます。

観衆たちの声なんてもはや届かないほど、集中しています。

そして自分に訪れる絶頂と同じタイミングで郷山も一緒にイキました。
彼の大量の白い液が擦れた粘膜に染み渡ります。

その痛みが初めて処女を奪われたあの日の事も思い出させます。

あの時、歓迎会に行ってなければこんな事にならなかったのに…
そんな事を考えていると悔しくて涙が出て来てしまいます。

もう後戻りができなくなって自分にとって、快楽だけしか紛らわすものが残っていない美春は羞恥心をもその一部にしていました。スマホを掲げて写真を撮られていくのももはや嬉しいとしか感じないほど崩れていっていました。

この夜、初めて本当の意味でのヤリサー会員になった美春だったのでした。

そしてヤリサー合宿最後の夜…

女子会員は旅館の大座敷集められて、輪を作るように仰向けで寝そべって全裸にされます。
その周囲を同じく全裸の男達が立ちはだかり、順番にハメていくのです。

これが最後のイベントである「ヤリヤリメリーゴーランド」です。

いわゆる大乱交パーティーでした。
このイベントにはサークル外の男性も有料で参加が可能です。

中には教授も参加していたりするほどです…。

果たして美春はどこまで落ちてしまうのだろうか…

コメントを残す